なぜ夏バテすると妊娠しにくいの?

毎年夏バテする人は、妊娠しにくい証拠?!

夏,栄養ドリンク

毎年夏になると、暑くて食欲がなくなり、疲れやすくなり、、

 

やる気もなくなっちゃって、夏バテ気味、、

 

いつもそんな夏を過ごしているというあなた。

 

 

実は夏バテするのは、妊娠しにくい証拠なんです。

 

 

 

 

あなたの夏バテチェック!

 

 

 

○食欲がない

 

○すぐに疲れてしまう

 

○冷たいものばかり飲んでしまう

 

○アイスやかき氷などをよく食べる

 

○眠りが浅くなった

 

○ビールをほぼ毎日飲む

 

○1日のほとんどを冷房が効いた部屋で過ごす

 

○ノースリーブで過ごすことが多い

 

○スーパーでは寒いけど我慢している

 

○夜はずっと冷房をつけて寝ている

 

○夏でも汗をかくことがほとんどない

 

○お風呂はシャワーのみ

 

 

 

このチェックが当てはまる数が多ければ多いほど、

 

あなたは夏バテになっている可能性が高いです。

 

 

実は自分でも気づかないうちに、夏バテになっているケースもあるんですよ。

 

 

 

 

夏バテになる原因は?

 

女性,不調,夏

 

 

室内外の温度差

 

外では35℃にもなる猛暑。

 

 

そんな時、部屋の冷房は何度に設定していますか?

 

 

そしてそんな暑い外と涼しい室内の出入りは、

 

身体が体温調節を行うため、必要以上にエネルギーを消耗してしまいます。

 

 

特に温度差が大きい程、身体への負担も増え

 

夏バテになりやすくなります。

 

 

室内の温度は28℃が理想です。

 

 

 

 

冷たいものの食べ過ぎ

 

夏,かき氷

 

 

暑いからと言って、アイスやジュースなど、

 

冷たいものばかり食べてる。

 

 

そんな方はとても多いです。

 

 

暑かったら食欲もなくなるし、つい口にするのは冷たいもの、、

 

それでは、身体は中から冷えてしまい内臓の冷えを引き起こします。

 

 

 

 

なぜ夏バテすると妊娠しにくいの?

 

女性,驚き

 

 

ホルモンバランスの乱れ

 

夏バテになるような生活をしていると、

 

自分でも気づかないうちにストレスが溜まり、

 

自律神経の乱れを引き起こします。

 

 

自律神経が乱れると、女性ホルモンもバランスを崩しやすくなってしまうのです。

 

 

妊娠するために、女性ホルモンのバランスを整えることはとても大切です。

 

 

しかし夏バテになり身体の機能がうまく働いていないと、

 

ホルモンバランスを整える役割が果たせなくなってしまうのです。

 

 

 

 

生殖機能の冷え

 

内臓の冷えは、血行が悪くなり生殖機能の冷えにつながります。

 

 

冷たい子宮や卵巣では、卵子の質も悪くなり

 

妊娠しにくい身体になってしまうのです。

 

 

 

 

睡眠不足

 

熱帯夜のせいで眠れなかったり、

 

一晩中冷房をつけていて身体の疲れがとれなかったりすると、

 

身体の不調が起きやすくなります。

 

 

身体に不調がある状態では、妊娠しやすい身体とは言えません。

 

 

 

 

夏バテに効く対策とは?

 

女性,ポイント

 

 

まず大切なことは、暑いからと言って身体を冷やしすぎないよう注意すること。

 

 

特に内臓が冷えてしまうと様々なトラブルが起きやすいので、

 

冷たいものの食べすぎには十分注意しましょう。

 

 

 

 

冷房の調節をする

 

冷房の温度は28℃が理想です。

 

 

室内外の温度差が大きい程夏バテしやすくなります。

 

 

冷やし過ぎには注意しましょう。

 

 

また冷房の効いている部屋で仕事をする場合は、

 

カーディガンやひざ掛けなどで調整しましょう。

 

 

 

 

常温のものを摂取する

 

水分はできるだけ常温のものが良いです。

 

 

暑いからと言って、アイスや氷のたくさん入った飲み物などは控えましょう。

 

 

朝起きた時と夜寝る前に白湯を飲むと、

 

身体の中から温めることができ内臓の冷えを予防できます。

 

 

 

 

湯船につかる

 

女性,入浴

 

多くの人がやりがちなのが、夏はシャワーだけで済ますこと。

 

 

これでは身体は冷えたまま疲れも取れません。

 

 

夏は38℃くらいのぬるま湯でも良いので、

 

しっかりお湯につかりましょう。

 

 

ぬるめなら身体がほてることもなく、疲れを取ることができますよ。

 

 

 

 

食事では1品でも温かいものを食べる

 

つい食欲がないと冷たいものばかり食べたくなりますが、

 

温かいものを1品でもいいので一緒に食べるようにしましょう。

 

 

1品でも温かいものを食べることで、

 

胃腸の冷えを防止することができます。

 

 

 

 

食欲のない時は食べなくてもOK

 

疲れて食欲のない時は、胃腸も疲れているということ。

 

 

スタミナをつけようと無理して食べる方もいると思いますが、

 

それでは消化機能がうまく追いつかず返って負担になってしまいます。

 

 

疲れている時は胃腸を休憩させてあげることも必要です。

 

 

 

 

酵素ドリンクで身体を温めよう

 

内臓が冷えてしまっている時は、身体の中から温めてくれる

 

酵素ドリンクがオススメ!

 

 

ホルモンバランスを整え妊娠しやすい身体にしてくれます。

 

 

⇒大人気妊活ドリンク!ザクロだレモンをチェックする!


関連ページ

不妊に悩むなら牛乳は飲んではいけない?!
あなたは牛乳が好きですか? 私は大好きで、毎日必ず飲んでいました。 しかしある時から、全く飲まなくなりました。 その理由は、牛乳が原因で不妊になるということを聞いたからです。 それはなぜなのでしょうか。
不妊に悩む方こそ布ナプキンを使ってもらいたい理由とは?
布ナプキンは環境にいいものと言うイメージかもしれませんが、 実は不妊に悩む女性にとって、救世主とも言えるものなのです。 では、なぜ布ナプキンが身体にいいのか、詳しく見ていきますね。
あなたがパンの食べすぎで不妊になっているとしたら?
あなたは毎日パンを食べていますか? そのパンには、実は不妊を引き起こす原因になるものが入っているんです。 パンと不妊の関係について調べました。
羊水からシャンプーの匂いはデマ?真実を教えます!
あなたはお母さんが出産した時の羊水から、 シャンプーの匂いがしたと言う話を聞いたことはありませんか? しかし一方では、まったくのデマだと言う方もおられます。 果たして真実はどっちでしょうか。

 
おすすめサプリ 妊娠できる身体づくり 不妊になる病気 夫婦生活改善法 意味のない不妊治療 意外な不妊の原因