ラブローションで性交痛の解決?

濡れない性交痛の悩みはラブローションで解決できる!

夫婦,ベッド

愛するパートナーとのセックスなのに、

 

なかなか濡れないし痛い、、

 

 

濡れなきゃって思えば思うほど乾いてしまって、

 

パートナーにも嫌な思いさせちゃうし、

 

前はこんなことなかったのに、私の身体どうしちゃったんだろう?

 

 

セックスの際に濡れなくて、性交痛に悩む女性は意外と多いです。

 

 

私もその一人だったのですが、パートナーの協力で解決することができました。

 

 

その解決法を紹介します。

 

 

 

 

性交痛って?

 

夫婦,ベッド

 

 

そもそも性交痛とは、セックスの時に感じる痛みのことです。

 

 

挿入時や激しくされた時などの生じる痛みですね。

 

 

実は性交痛を感じたことのある女性は、

 

セックス経験者の約9割にも及ぶほど、

 

多くの女性が悩むことなのです。

 

 

 

 

性交痛の原因は?

 

女性,悩み

 

 

濡れていない

 

性交痛の一番の原因は、

 

濡れていないということです。

 

 

女性の身体はとてもデリケートなので、

 

疲れていたり、久しぶりのセックス、落ち込んでいる時、

 

気分が乗らない時など、、

 

 

濡れないことはよくあることではないでしょうか。

 

 

濡れないと罪悪感や自己嫌悪になる人もいますが、

 

深刻に考えれば考えるほど、余計に濡れなくなることだってあるんです。

 

 

濡れないことは誰でも当たり前にあることなので、あまり気にしすぎないようにしましょう。

 

 

 

大きさが合わない

 

女性の膣の大きさや奥行きに比べて、

 

相手のペニスが大きすぎる場合も性交痛の原因になります。

 

 

仕方のないことかもしれませんが、

 

我慢しすぎると更なる悪化を招きかねません。

 

 

お互いが気持ちよくなれるよう話し合うことが必要ですね。

 

 

 

 

子宮内膜症

 

セックスで挿入する時に膣の奥をつかれると痛い、

 

激痛があるなどの場合は子宮内膜症の可能性があります。

 

 

膣の奥には子宮内膜症ができやすい場所があり、

 

性交の刺激により痛みを感じます。

 

 

 

 

子宮筋腫

 

子宮の中に子宮筋腫ができていると、

 

炎症が起きていたり癒着があったりして性交痛を感じることがあります。

 

 

 

 

ホルモンバランスの乱れ

 

女性ホルモンは、膣粘液を正常に分泌するために大切な役割を果たします。

 

 

ホルモンバランスが乱れると、濡れにくくなってしまうようです。

 

 

 

 

性交痛を解決するにはどうすればいい?

 

夫婦,ベッド

 

 

それでは、性交痛を解決するにはどうすれば良いのでしょうか。

 

 

 

パートナーに伝える

 

一番大切なことは、一人で悩まず必ずパートナーに伝えること。

 

 

パートナーの工夫次第でも性交痛を軽減させることは十分できます。

 

 

でも、「あなたが下手だから、、」って言っているようで気が引けると言う方は、

 

「最近ちょっと痛くて、、」とさり気なく言ってみると良いですね。

 

 

パートナーの理解が得られれば、

 

前戯を長くしてもらったり、こうして欲しいなどの意見も言いやすくなります。

 

 

我慢していては余計に濡れなくなるだけなんです。

 

 

濡れない悩みは、パートナーと一緒に解決しましょう。

 

 

 

 

挿入時は特に工夫する

 

挿入を男性任せにしてしまうと、

 

余計に性交痛はひどくなりがち。

 

 

できれば挿入時は騎乗位になり、女性が行う方が良いです。

 

 

その際十分に膣とペニスに愛液を行き渡らせて、

 

滑りを良くしてから挿入しましょう。

 

 

挿入後も騎乗位なら女性主導でゆっくり動かすことができますね。

 

 

身体が慣れるまではゆっくりしてもらうようにすることで、

 

挿入時の痛みはかなり軽減されますよ。

 

 

 

 

無理に挿入しない

 

頑張ってみても性交痛がある場合、

 

無理にせず途中でもやめてもらって

 

お互いを刺激する方法に切り替えるのもアリだと思います。

 

 

なぜなら無理なセックスは膣に傷をつけ細菌の感染や

 

更なる痛みの原因になりかねないからです。

 

 

お互いを思いやる気持ちも大切ですね。

 

 

 

ラブローションで解決

 

特に原因がない場合の性交痛は、

 

ラブローションで解決できます。

 

 

ラブローションなら適度に潤いを与え、

 

挿入をスムーズにしてくれるので性交痛は激減します。

 

 

でも、パートナーに「ラブローションを使いたい」なんて言うのは恥ずかしいですよね。

 

 

いいえ、最近では濡れない悩みにラブローションを使用する方はとても増えているんです。

 

 

「痛くなったら困るから、使ってみたい」と素直にお願いしてみましょう。

 

 

男性も案外すんなり受け入れてくれますよ。

 

 

ラブローションを使えば、痛みに対する我慢や不安もなくなり、

 

心も身体もリラックスしてセックスを楽しめるようになるでしょう。

 

 

⇒安心・安全なラブローションならジョン&マリー

 

 

 

まとめ

 

セックスは愛するパートナーとの大切なコミュニケーションです。

 

 

お互いの意思疎通はもちろん、一緒に気持ち良くなり気持ちを分け合うことが大切ですね。

 

 

女性だけが我慢しているのは問題なのです。

 

 

快適な性生活を送る為にも、一緒に様々な工夫をしてみてはいかがでしょうか。

 


関連ページ

旦那と仲良くしたいのにできない!愛され妻になるには?
結婚して数年経つと、いつの間にか旦那とのコミュニケーションも減って お互いへの興味や気遣いもなくなってしまいますよね。 でも、旦那と仲良くしたい!! そう思うのは私だけじゃないはず、、? そこで旦那と仲良くしたいあなたへ、 愛され妻になる為にすべきことを紹介します。
セックスレスだけど、したい!旦那をその気にさせる方法
セックスしたいのに、旦那は誘ってくれない、、 そう思ったことありませんか? セックスレスに悩んではいるけど、 自分から誘うなんて無理だし、 旦那がその気になってくれるといいのに、、 なんて悩む女性が今増えています。
女性がオーガニズムを感じることで妊娠しやすくなるの?
あなたはセックスで毎回オーガニズムを感じることができますか? イかないことで悩む女性は案外多いんです。 しかしオーガニズムを感じた方が妊娠しやすくなるという話を聞きました。 どういうことなのか、調べてみました。
子供は欲しいけど排卵日にエッチしたくない時は?
排卵日に近づきエッチしなきゃと思えば思う程、 エッチしたくないんです。 もちろん子供は欲しいし旦那のことも好きなのですが、排卵日を意識するとしたくなくなるんです。 こんな場合の解決策を調べてみました。
妊娠したい私が潤滑ゼリーを選んだ理由とは?
私は妊娠したいとずっと思っていましたが、なかなか赤ちゃんができませんでした。 そのうち、仲良しも濡れにくくなり痛みが出てきて、どんどん苦痛になっていきました。 このままでは絶対に妊娠できない、、! そう思った私は、潤滑ゼリーを試してみることにしました。 そこで、妊娠したいと思った私が潤滑ゼリーを選んだ理由を紹介します。

 
おすすめサプリ 妊娠できる身体づくり 不妊になる病気 夫婦生活改善法 意味のない不妊治療 意外な不妊の原因