排卵障害の原因は?

排卵障害の治療をしていると妊娠できないってホント?

女性,疑問

女性の不妊の約3割の方が、排卵障害に悩んでいると言われています。

 

 

排卵障害と言っても原因は様々で、

 

治療が必要なものから自力で改善できるものまであるのです。

 

 

しかし注意していただきたいのが、排卵障害の治療をずっと続けていると、

 

妊娠できない・妊娠しにくい状態になってしまう可能性があるのです。

 

 

詳しく紹介しますね。

 

 

 

 

排卵障害って何?

 

女性,子宮

 

 

言葉の通り、排卵がうまくいかない状態です。

 

 

排卵自体がなくなってしまう無排卵や、卵胞がうまく育たない、

卵子はできているのに排卵だけがうまくできないなど、様々な状態があります。

 

 

生理不順や、基礎体温がずっと低温期だったり、ガタガタだったりすると、

 

排卵障害の可能性があります。

 

 

検査ではホルモン検査、エコーによる卵巣のチェックなどを行います。

 

 

 

 

排卵障害になる原因は?

 

女性,疑問

 

 

排卵障害になる原因は、実ははっきりしたことは分かっていないのが現状です。

 

 

可能性として考えられているのは、

 

ホルモンの異常や卵巣の機能低下、ストレスなどです。

 

 

 

 

多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)

 

小さな卵胞がいくつもできてしまい、それぞれ育つものの

 

成熟することができず、また男性ホルモンの分泌が多い状態です。

 

 

そのため卵子が卵巣の外に出ることができずに、無排卵となってしまいます。

 

 

 

 

卵巣機能不全

 

女性ホルモンのバランスが崩れ、卵巣の機能が低下している状態です。

 

 

そのため生理不順や排卵障害が起こることがあります。

 

 

 

 

高プロラクチン血症

 

プロラクチンとは、出産後に母乳の分泌を促すホルモンです。

 

 

妊娠出産に関係なくプロラクチンが過剰に分泌され、

 

生理が止まったり排卵がなくなってしまう場合もあります。

 

 

 

 

黄体化非破裂卵胞症候群

 

排卵していないのに、卵子の中に黄体ができ

 

黄体ホルモンとなってしまう状態です。

 

 

一時的なものもありますが、繰り返し見られる場合は、

 

子宮内膜症になっている可能性もあります。

 

 

 

 

太りすぎている

 

太りすぎていると内臓脂肪が増えるため、

 

ホルモンバランスが崩れやすく排卵障害が起きることがあります。

 

 

 

 

極端な体重減少

 

痩せていることが問題なのではなく、

 

無理なダイエットや精神的ストレスなどで極端に体重が減少した場合、

 

生理不順が起きやすくなります。

 

 

そのままでいると排卵自体がなくなり、無排卵になってしまうことがあります。

 

 

 

 

 

排卵障害の治療は何をするの?

 

女性,病院,治療

 

 

病院での治療

 

 

原因によって治療法は異なりますが、

 

一般的には排卵誘発剤を使用します。

 

 

クロミッドやセキソビドと呼ばれる排卵誘発剤を使用しても

 

排卵が起きない時は、hMG-hCG注射が使用されることもあります。

 

 

しかし排卵がない期間が長ければ長いほど、

 

身体が慣れてしまい改善させることが難しくなります。

 

 

3ヶ月以上生理がない時は早めに病院に受診しましょう。

 

 

 

 

自分でできる治療

 

 

太りすぎや痩せすぎが原因の場合は、

 

生活習慣の見直しをしましょう。

 

 

またホルモンバランスを整えることが、正常な排卵につながります。

 

 

規則正しい食生活を心がけ、健康的な生活を送りましょう。

 

 

⇒薬を使わないで治療できる!ホルモンバランスを整えるドリンクとは?

 

 

 

 

排卵障害の治療をしていると妊娠できない?

 

女性,疑問

 

 

排卵障害の治療で使用される排卵誘発剤には、

 

デメリットもあります。

 

 

卵巣や卵胞に直接働きかけるため、身体にはとても負担がかかります。

 

 

なかなか妊娠できないと、それを毎月繰り返すことになり、

 

その度に身体は無理をして悲鳴を上げていきます。

 

 

それは卵子の質の低下にもつながります

 

 

 

そして長く使用すると、子宮内膜が薄くなり着床率が下がる、

 

経管粘液が減少する、流産率が上がるなど不妊の原因となってしまうのです。

 

 

それらの説明がしっかりある病院を選びましょう。

 

 

 

大切なことは、薬だけに頼らず自力での生活習慣の改善をすること、

 

薬のデメリットを理解した上で、正しく排卵誘発剤を使用すること。

 

 

排卵が正常に起これば妊娠できる可能性は十分にあります。

 

 

焦らずに、健康な子宮を取り戻しましょう。


関連ページ

子宮内膜症は軽度なら治療しなくても妊娠できる?
子宮内膜症は、なかなか妊娠できない原因にもなり 最近若い女性の間でもかかる方が増えています。 しかし子宮内膜症でも、軽度の場合は治療しなくても 妊娠できる可能性は十分にあります。
生理でレバーみたいな血の塊が出るのは妊娠できない?
あなたは生理の時、レバーみたいな血の塊が出ること、ありませんか? 実はこのレバーみたいな血の塊が出るのは、 妊娠できない原因になっているのかもしれません。 そこで、生理のお気にレバーみたいな血の塊が出る原因と、妊娠との関係について調べてみました。
黄体機能不全だと流産しやすく自然妊娠しにくい?
先日、流産しました。 胎嚢確認直前だったので、身体の負担は少ないですが、 とても期待していただけにショックです。。 しかしこの流産の原因が、黄体機能不全かもしれないということを耳にしました。
自分では気付かない?あなたもストレス性の無排卵かも?
あなたは毎月定期的に生理が来ていますか? 実は生理がきちんと来ていても、無排卵になっていて妊娠できない、という方がいます。 しかし無排卵は、生理は来ているため自分ではなかなか気づくことができません。
化学流産を繰り返す原因とは?予防することはできる?
化学流産を繰り返してしまうと、 自分は妊娠できなんじゃないかと不安になりますよね。 化学流産を繰り返す原因は何かあるのでしょうか。 そして予防する方法も紹介します。
ひどい排卵痛を感じるのは不妊の証拠?
なかなか妊娠できないのは、病気が原因になっている場合があります。 不妊の原因になっている病気について紹介します。

 
おすすめサプリ 妊娠できる身体づくり 不妊になる病気 夫婦生活改善法 意味のない不妊治療 意外な不妊の原因